風景と暮らす平屋の住まい

平屋

外に広がる山並みの景色を取り込む平屋の住まい。木製窓の大開口からは、いつまでも変わらない山並みの風景が望めます。敷地の特徴を最大限に活かした外への繋がりを感じられる住まいです。

DATA
■ 敷地面積:55坪~
■ 延床面積:30~35坪
■ 施工地域:富山県中新川郡
■ 家族構成:3
勾配天井に包まれたリビングダイニング
勾配天井に包まれたおおらかな空間と大開口が外へ視線を向けてくれます。
明暗をつくり落ち着きが生まれる
開けるところ、閉じるところを意識しメリハリのある空間を演出しています。
大開口が外の風景と室内をつなげる
板張りの天井と大開口が陰影を作り出し、景色が綺麗に見えるように意識しました。
大容量の収納と飾り棚
キッチンには造作の大容量の収納と飾り棚を設え、生活感の出ないような収納計画としてます。
アクセントになる障子
キッチンの壁にはスリットの窓を設けました。西日を遮断しながらも優しい光が入るように障子を設えています。
ほっと落ち着ける畳の部屋
大開口の窓のある空間とは趣の異なる、ほっと落ち着ける畳のお部屋も設えました。
玄関には天窓からの光を
訪れる人を優しい光が出迎えてくれるように玄関には天窓を設けています。

CONTACT

お気軽にご相談ください